順位表

6/29-30に行なわれたCEO2019の順位は下記の通り()内は獲得TWTポイント

1位 ROX Dragons lKNEE選手(300) 
2位 ROX Dragons | Chanel 選手(220)
3位 OGN | JDCR選手 (150)
4位  Rangchu選手 (100)
5位タイ KKOKKOMA選手 (70)
5位タイ Ng-Obscure選手 (70)
7位タイ Talon | Book 選手 (45)
7位タイ SAINT選手(45)

韓国勢の1-2フィニッシュ!どころかTOP8はほぼ韓国勢ですね。さすがとしかいいようがありません!
日本から参加したダブル選手は惜しくも9位でした。今後も頑張って欲しいですね。

決勝戦の模様は↓こちら↓

TWTランキング

この大会後2019/7/1現在のランキングは下記の通り()内は保持ポイント
(先日のCHIKURIN CUPのポイントも加算されています)

1位 KNEE選手【韓国】(770)
2位 JCDR選手【韓国】(620)
3位 ANAKIN選手【アメリカ】(550)
4位 ちくりん選手【日本】(541)
5位 ULSAN選手【韓国】(501)
6位タイ ノロマ選手【日本】(475)
6位タイ LOWHIGH選手【韓国】(475)
8位タイ KKOKKOMA選手【韓国】(465)
8位タイ RANGCHU選手【韓国】(465)
10位 SUPER AKOUMA選手【フランス】(450)

CEO2019はMasterに位置づけられていたため大きくポイントが動きましたね。
今回2位だったChanel選手も11位まで順位を上げてきてます。しかしながら、順位こそは入れ替わりがありましたがTOP10の顔ぶれは大会前とまったく同じです。この10人の強さは安定していると考えて良さそうですね。

TWTランキングのしくみ

TWTランキングのポイントはグレイドの高い大会ほどもらえるポイントが多くなっています。
『それじゃあ、同日に開催される大会ならグレイドの高い方に出場したほうが有利なんじゃないの?』と思う方もいるかもしれませんが、そこはそう単純ではありません。各グレイドで有効になるポイント(回数)には上限があるのです。
この辺の詳しい解説は後日記事として紹介させて頂きますので今しばらくお待ちください!